隠れた生産キャパシティと商機を引き出す

生産計画と実際の生産現場とを一致させることは容易ではありません。在庫、資材、製造キャパシティ、人員等の制約条件を組み込むと必ず隔たりが生じ、これはビジネスチャンスの喪失につながります。

Quintiqのソリューションでは、デマンドチェーンとサプライチェーンが統合/結合されます。需要と供給の両計画者が、複数の計画シナリオを作成・比較を連携して行うことにより差異を縮小します。(例えば人員やシフトの増加、販売促進の強化、追加的供給手段の検討など)また効率を上げることによって新規顧客獲得のための投資が可能となります。供給計画と運用計画のシームレスな連携により製造キャパシティの効率的運用が可能です。

計画担当者は、以下の機能を利用して、最適な供給計画を策定できます。

    • KPIベースの複数計画シナリオ比較
      売上、利益、安全在庫目標、充足率など、お客様ごとに定義されたKPIに基づいて、複数の供給計画シナリオを分析し、比較することが可能です。
    • 生産の平準化
      各需要をリソース計画にどのように割り当てればネットワーク全体でキャパシティを平準化できるかを特定し、上流リソースと下流リソース間の同期をとることによって過負荷を防ぎます。
    • 生産キャパシティの引き当て
      生産キャパシティの稼働率を評価し、サービス・レベル、サイクル・タイム、設備稼働状況、安全在庫などに基づくオプションの一覧を作成します。
    • リアルタイムの更新
      需要計画の変更、製造現場からのフィードバック、制約事項の追加といった最新の情報に基づいて、計画を更新します。
    • 供給目標と現場との差異の克服
      様々なKPIに対するその影響を比較することによって(例えばボトルネックのキャパシティ拡大、シフトの追加など)、理想的な供給体制と現場との差異を率先して縮小いたします。
    • 供給計画と生産計画の統合
      供給計画を生産計画に統合、スムーズな生産キャパシティ活用計画を立てます。