複数計画シナリオ比較による計画の評価

業界の主要サプライヤーに近い新しいインフラに投資した場合どのような効果が期待できるのか?

倉庫管理業務をアウトソーシングするとどのような効果が期待されるのか?

今後数年間で、成長の期待できる要員が退職した場合どのようなことが考えられるか?

    ビジネスで成功を収めるには、仮説に対する正確な答えが求められます。Quintiqのサプライチェーン計画ソリューション利用によりビジネス上のあらゆる判断がもたらす計画シナリオが見える化され、サプライチェーンを正確に設計することが可能となります。サプライチェーンに関する戦略的な長期計画を実現可能にするだけでなく、設備投資や事業売却、製品構成ポートフォリオ、在庫管理とアウトソーシング、顧客サービス戦略といった主な業務活動についても、十分な計画シナリオに基づく判断が可能となります。

    変更が必要な場合もそれを簡単に組み込みシミュレーションの上、重要業績評価指標(KPI)に沿って計画を最適化できます。また、シナリオは数分以内に生成されるため、意思決定プロセスをスムーズに進めることができます。お客様は、利益、コスト、在庫レベル、納期達成実績に関連したKPIに基づいて最適化計画シナリオを比較し、各シナリオの潜在的な収益性、効率性、持続可能性をそれぞれ評価することができます。

    このプロセスの部分的活用により、流通、生産、在庫を最適化することができます。

    このプロセスを大局的に活用すると、サプライチェーン全体を最適化してリスクから遠ざけ、あらゆる不測の事態に備えることができます。