在庫管理者に共通の課題とは?

在庫レベルを低く保ちつつ在庫切れを防ぐ。一見簡単そうですが、そう単純ではありません。

実際には、サプライチェーンの細分化、季節性、複数の保管場所、製品範囲の拡大、ライフサイクルの短縮といった動向への対応が必要です。それに加え、在庫コスト削減、流動資本向上、また社内の様々な部門から相反する要求が出てくる事も少なくありません。

Quintiqでシンプルに:Quintiqのソリューションを使用した在庫計画では、これら想定される全ての要素が計画当初から組み込まれます。組織全体のデータが統合されるため、本当の意味でサプライチェーンを見える化することができます。お客様は、在庫戦略の決定から様々な事象へのリアルタイムでの対応にいたるまで、計画のあらゆるレベルで最適化と意思決定のためのサポートを得ることができます。

その結果、最適な在庫レベル、利益、生産性、顧客満足度といった、在庫管理者にとって理想的な成果が実現します。

このソリューションの特長を以下に示します。
    • 見える化
      在庫データをリアルタイムで確認できます。在庫レベルが異常に低下すると、即座にアラートが表示され、必要な措置を講じることが可能です。
    • 過剰在庫と陳腐化棚卸資産の抑制
      廃棄または大幅な減価売却が見込まれる在庫への投資を回避できます。
    • 財務モデリング
      在庫投資レベルと顧客サービス・レベルをうまくバランスさせます。輸送費などの供給コストを組み込んで、様々な在庫戦略の効果を比較・検討します。
    • 多段階最適化
      完成品と半製品、構成部品と原材料の最適な構成比率を決定し、見込み生産、受注仕上、受注生産などに関連したスマートな在庫区分戦略を策定します。
    • 予測の不確実性及び変動性の
      コントロール
      需要の不確実性と供給の変動性に基づいて正確で安全な在庫レベルを計算します。
    • 直感的なユーザー・
      インターフェース・デザイン
      KPIに基づくQuintiqのダッシュボードとインターフェースにより、在庫レベルに影響を及ぼしている要因を容易にコントロール、必要な情報にすばやくアクセスすることができます。