世界記録を更新し続ける最適化テクノロジーの秘訣

Quintiq最適化ソフトウェアの要である、5つの最適化テクノロジー

最初にご紹介するテクノロジーは馴染の無いものかもしれません。
  • Quill
    Quill(Quintiq Intelligent Logic Language)は、Quintiqが最適化テクノロジーを実現するために開発した高水準のプログラミング言語です。Quillは、Quintiqの最適化エンジンの中核に位置し、各最適化テクノロジーが、全体として効率的かつ効果的に動作する様にそれらのテクノロジーを結合します。

    主な強みと機能:
    • Quillは、構成的ヒューリスティクスや局所探索ヒューリスティクスを容易に実現する事ができます。これは、計画担当者がゼロから解決策を構築する場合や、解決策を部分的に改善する場合に行われるプロセスと一致します。
    • Quillは、5つの最適化テクノロジーを単一の最適化エンジンに組み込み、各テクノロジーの強みを引き出した解決策を生み出す事が出来ます。
  • 数理計画法
    数理計画法は、安定的で成熟したテクノロジーです。多くの制約や相互関係が含まれる複雑な問題も、最適解を形成する適切な組合せを正しく選択する事で解決します。例えば、Quintiqのロジスティクス・ソリューションは、最短距離と最高のサービス・レベルを実現する最適経路の決定に当テクノロジーを使用しています。
  • 制約プログラミング
    制約プログラミングは、解決策を見つけることが困難な最適化問題について特に効果的です。これは、制約に従って潜在的な解決策を継続的に取り除く形で動作します。制約は非線形の場合があります。制約プログラミングは、順序計画やスケジューリング問題を解決する際に特に有効です。
  • 経路最適化アルゴリズム
    Quintiq開発者の間でPOAと呼ばれる経路最適化アルゴリズムは、Quintiq固有の巨大近傍探索(LNS)テクノロジーです。LNSは、局所探索よりはるかに大規模の近傍を探索するため、全体最適からかけ離れた局所的最適解に陥る可能性を低下させます。POAは主に、車両のルート計画や生産計画に利用されます。
  • グラフ・プログラミング
    現実の多くの問題はグラフ要素を伴っているため、その解決にグラフ・プログラミングが利用されます。グラフ・プログラミングは、車両のルート計画や乗務員配置計画などリソース制約を伴う最短経路問題の解決に利用されます。