Wil Lamain

(ウィル・ラマン)

最高技術責任者(CTO)

ウィルは Quintiq 社の最高技術責任者としての職務に、科学技術者、革新者、問題解決者のスキルを活かしています。CTO として、企業戦略に合わせて同社のテクノロジー ビジョンを推進しています。彼が注力する分野としては、Quintiq Application Suite のさらなる開発に加えて、クラウド サービスの世界的な実装、サービスとしての最適化、導入、モバイル戦略、ダッソー・システムズの 3D Experience プラットフォームとの統合などがあります。ウィルはまた、継続的な研究開発を先導して、現在および将来のビジネスを推進する Quintiq 社の次世代ソリューションをサポートしています。同社内の製品開発、販売/マーケティング、その他さまざまな事業部と緊密に連携して、Quintiq 社のソリューションが常に顧客を第一に考えるように取り組んでいます。ウィルは企業サポート部門も担当しています。

主な職歴

2002 年に Quintiq 社に入社して以降、ウィルは同社内でさまざまなリーダー的役割を果たしてきました。副社長として、プロフェッショナル サービス、カスタマー サービス、さらに 2005 年には研究開発も担当しました。2011 年から 2015 年まで IT 部門を率いており、Quintiq 社のカスタマー サポート センターの成功を影で支えています。彼が IT 部門の成長をいち早く先導した結果、2007 年に 20 人規模だった同部門は、現在では、テクノロジーに精通した 200 人の優秀な人材から成り、カスタマー サポート、ソフトウェア品質、テスト、研究開発といった複数分野に対応する部門になっています。

ウィルはまた 2012 年に Quintiq 社のソフトウェア リリース サイクルの短縮を達成したことで高い評価を得ています。彼のリーダーシップの下で、研究開発チームは俊敏性の高いリリース管理プロセスを開始し、サイクルを 15 ヶ月から 3 ヶ月にまで短縮しました。このプロセスの改善により、Quintiq 社はより効率的に顧客のニーズに対応できるようになりました。ウィルは 2016 年 1 月に Quintiq 社の取締役員に任命されました。

オランダのスヘルトーヘンボスにある Quintiq 社のヨーロッパ本社を拠点としています。

学歴

ウィルは Radboud University Nijmegen(ラドバウド大学ナイメーヘン校)で計算科学の修士号を取得しています。