Rob van Egmond

(ロブ・ヴァン・エグモント)

最高経営責任者(CEO)

「CEO になって最もワクワクすることの 1 つは、未来を夢見ることができる点です」

ロブ・ヴァン・エグモントの紹介

フューチャリスト

Quintiq の最高経営責任者、ロブ・ヴァン・エグモントはこれまでずっと、ちょっとしたフューチャリストでした。Google マップが登場する前の 1995 年に、オランダでそれまでなかった、コンシューマー向け最適ルート検索ソフトウェアを開発しました。その後、最先端の分析ソフトウェアを開発しました。これは、広告の収益を最大限に高めるためのインサイトを放送会社や出版社にもたらしました。

ビジネスの頭脳を持つ科学技術者

ロブのキャリア全体で一貫して見られるのは、洗練されたテクノロジー(および数学)をビジネスの世界に役立たせることに重点を置いた取り組みです。Quintiq 社に入社してからの 12 年間は、最大規模のヨーロッパの事業部の一部を運営し、最終的に EMEA 担当副社長になりました。この数年は、重要な取引の締結、新しい市場の開拓、お客様にとって有益な成長の可能性の特定に貢献しています。ロブは、Quintiq 社で最も業績が良い事業部の 1 つである Quintiq Australia & New Zealand を設立しました。

顧客中心の CTO

2015 年、ロブは Quintiq 社の最高技術責任者(CTO)として未来を見据え続け、Quintiq 社のテクノロジーが長期的に最先端であり続けるように取り組みました。サプライ チェーン計画および最適化の革新を実現するために、研究開発部門と緊密に連携しました。普段は、自分の時間の半分を既存客および見込み客に費やしました。このようにして、自分自身と担当する科学技術者のチームが、常に現実に即し、お客様のニーズを感じられるようにしました。

先見の明のある CEO

2016 年、CEO 兼設立者のビクター・アリスがロブを後継者に指名しました。ロブは Quintiq 社の CEO として、未来に目を向けています。彼の 5 年計画は、サプライ チェーン分析、最適化、コグニティブ サプライ チェーンの分野における同社の強みに基づいています。新たに組織した取締役会の支援を受けて、ロブは Quintiq 社を明るい未来へと導いています。

Quintiq 社の本社は米国ペンシルベニア州ラドナーとオランダのスヘルトーヘンボスにあるため、彼はその 2 ヶ所を行き来しています。

学歴

ロブは Erasmus University Rotterdam(エラスムス・ロッテルダム大学)でオペレーションズ リサーチの修士号を取得しています。